井口理の推定年収!キングヌーの年商が7億円以上でヤバすぎるw

KING GNU(キングヌー)のボーカリスト井口理さんの年収は、6,000万円以上と推定できます。

主婦どりこ
主婦どりこ

思ったより少なくない?

KING GNUってすごく売れてる気がするけど…。

 

KING GNU(キングヌー)全体の年収は、7億円を超えていると推定されています。

しかし、それはあくまでグループ全体としての話です。

井口理さん個人にスポットを当てみると、以下のことがわかりました。

  • 作詞作曲を手掛けていない
  • 俳優として映画やドラマに出演
  • ラジオパーソナリティとして活躍

音楽活動を行うグループの場合、メンバーが作詞・作曲を手掛けているかどうかで年収が大きく違います。

現在、KING GNU(キングヌー)の作詞作曲は、リーダーの常田大希(つねただいき)さんが全て行っいます。

その辺の詳しい事情を含め、本文中ではKING GNU(キングヌー)井口理さんの年収について掘り下げていきたいと思います。

主婦どりこ
主婦どりこ

ふ~ん、そういうものなの…?

まだよくわかんないから、私にもわかるように説明してよ。

この記事でわかること
  • KING GNU(キングヌー)全体の推定年収
  • 井口理さんの推定年収
  • アーティストの印税収入の仕組み
スポンサーリンク

KING GNU(キングヌー)全体の推定年収は?

KING GNU(キングヌー)全体の推定年収は7億円で、井口理さんの推定年収は6,000万円です。 

まずはKING GNU(キングヌー)全体の年収から考えていきましょう。

KING GNU(キングヌー)の年収は、主にこの2つにわけられます。

  1. 楽曲の印税
  2. YouTube

印税の仕組み

通常、アーティストは、楽曲の印税が主な収入です。

アーティストの印税は、CDの売り上げやカラオケの再生回数によって変わってきます。

一般的にCDの売り上げによる印税はアーティスト印税と呼ばれ、アーティストの取り分は1~3%ほど。

カラオケの再生回数による印税は著作権印税の一部で、1曲につき1~3円ほどがアーティストの収入になります。

主婦どりこ
主婦どりこ

ちりも積もれば…ってやつね!

 

他にも、テレビやラジオで楽曲を流す際の使用料には、著作権印税が関わってきます。

ただ、使用料としての著作権印税はJASRACが6%、その残りを音楽会社が半分、また半分を作詞家と作曲家でわける仕組みになっています。

(情報参照元:三菱UFJ信託銀行

 

KING GNU(キングヌー)の場合、作詞作曲はリーダーの常田大希さんが行っています。

そのため、著作権印税が1億円の場合はこのような計算になります。

  • JASRAC…600万円
  • アリオラジャパン(音楽会社)…4700万円
  • 常田大希さん(作詞作曲家)…4700万円

もちろん、作詞作曲を個人で行っていてもグループ内で分配するアーティストもいますし、作詞作曲をした人のみが印税を受け取る場合もあります。

KING GNU(キングヌー)がどのようなシステムを採用しているかについても調べてみましたが、残念ながら情報は公開されていませんでした。

そのため、ここでは作詞作曲分の著作権印税も、KING GNU(キングヌー)全体の年収として考えていきたいと思います。

印税まとめ
  • アーティスト印税…CD売上金額の1~3%
  • 著作権印税
    • 作詞作曲した人に入る
    • カラオケ1曲が再生されるごとに1~3円

KING GNU(キングヌー)の年収

KING GNU(キングヌー)は、今までにアルバムCDを3枚とシングルCDを1枚出しています。

その中でも『CEREMONY』の売り上げ枚数は2020年1月時点で約25万枚、ダウンロード数は3万を超えています。

King Gnu『CEREMONY』が初動3日間で167,512枚、その後さらに枚数を伸ばし当週244,976枚を売り上げて、2020年1月27日付の週間アルバム・セールス・チャート“Billboard JAPAN Top Albums Sales”で首位を獲得した。

JAPAN Billboard

『CEREMONY』は1枚2850円なので、計算するとCD売上の印税としてKING GNU(キングヌー)には4,275万円入ることになります。

ダウンロード分と合わせると『CEREMONY』の売り上げだけでも、5,000万円の収入になります。

それらを踏まえると、KING GNU(キングヌー)のCD売上面での収入は2億円以上と考えても良さそうですね。

主婦どりこ
主婦どりこ

まだまだ売れてる感じよね!

 

次に、KING GNU(キングヌー)のカラオケ再生回数を見ていきましょう。

KING GNU(キングヌー)の代表曲『白日』は、2019年のカラオケランキングでも23位、2020年上半期のランキングでは5位に入っています。

主婦どりこ
主婦どりこ

ほぼ毎回カラオケで歌われてるってことよね!?

すごすぎ…!

 

そして、日本のカラオケ人口は、2018年の時点で約4,670万人いると言われています。

2018年度のカラオケ参加人口は昨年より微減の約4,670万人と推測された。 3年連続で緩やかな減少傾向を示す結果となった。

カラオケ白書

4,670万人が月に一度カラオケでKING GNU(キングヌー)の『白日』を歌ったと仮定すると、一年間で5億回以上再生されると考えることができます。

通常はカラオケの再生1回につき1~3円が相場ですので、KING GNU(キングヌー)は『白日』だけでも5億円以上稼いでいるのではないかと想像できます。

主婦どりこ
主婦どりこ

ひゃー!

だからKING GNUの年商は5億円以上って言われてるのね!

 

今回の調査結果を元に考えると、KING GNU(キングヌー)の年商は7億円以上と推定しても良さそうですね…。

もちろん、外部との契約状況の詳細はわかりません。

今回の計算はあくまで想像上の数値であるということをご理解ください。

主婦どりこ
主婦どりこ

なるほどね~!

でも推定7億とすると、井口さん個人の年収も多くなりそうね…!

スポンサーリンク

井口理の推定年収は?

井口理さんの推定年収は6,000万円以上です。

 

KING GNU(キングヌー)は、日本人男性4人で構成されたロックバンドです。

KING GNUのメンバーと役割
  • 常田大希(つねた・だいき)…ギター、ボーカル、チェロ、ピアノ、作詞作曲
  • 勢喜遊(せき・ゆう)…ドラムス、コーラス、サンプラー
  • 新井和輝(あらい・かずき)…ベース、コーラス
  • 井口理(いぐち・さとる)…ボーカル、キーボード

実は私は、この記事を書くまでは、バンドメンバーの中でもボーカルを担当している人は収入が多いという漠然としたイメージを持っていました。

理由としてはボーカルはテレビに映る回数が多く、目立つポジションなので収入も多くなるのではないか?と考えていたからです。

そのため、KING GNU(キングヌー)でボーカルを務めている井口さんの年収はグループ内でもダントツ多いのではないかと想像していました。 

しかし、実際はボーカルの収入が多いわけではなく、作詞作曲を手掛けた人に印税が入る場合がほとんど。

つまり、KING GNU(キングヌー)の場合だと常田大希さんの年収が一番高くなるという理屈になります。

 

先ほど、KING GNU(キングヌー)のCDの売れ行きから、2億円の収入が発生しているのではないかと想像しましたよね。

その2億円を4人で割った金額が、そのまま井口理さんの懐に入ると想像できます。

そして、井口理さんは映画やドラマにも俳優として出演していますよね。

出演料を含めて考えると、井口理さんの推定年収は6,000万円以上であると考えられます。

主婦どりこ
主婦どりこ

億単位なのかしら?と想像してたからちょっと少ない気もするけど…。

でも、それでもすごい金額よね!

スポンサーリンク

まとめ

  • KING GNU(キングヌー)の推定年収は7億円以上
  • 井口理さんの推定年収は6,000万円以上

コメント

タイトルとURLをコピーしました